ストックオプション評価の手引き » ストックオプションの種類

ストックオプションの種類

このページでは、メディアにも頻繁に登場する「無償税制適格ストックオプション」「無償税制非適格ストックオプション」「株式報酬型ストックオプション」「有償ストックオプション」「信託型ストックオプション」の5種類のストックオプションの特徴と会計処理についてまとめました。

「ストックオプション」には、大きく分けて、「ストックオプション」付与時にお金がかかる「有償型」と、お金がかからない「無償型」の2種類があります。それぞれの違いを比較してみましょう。

無償ストックオプション

1.無償税制非適格
ストックオプション

「無償税制非適格ストックオプション」は「無償税制適格ストックオプション」以外の無償型の「ストックオプション」です。「無償税制適格ストックオプション」とは異なり、税制優遇措置がなく、権利行使時には最大で55%の給与課税が適用されます。

無償税制非適格
ストックオプションの
特徴について詳しく見る

2.無償税制適格
ストックオプション

「無償税制適格ストックオプション」は、従業員に無償で付与される「無償ストックオプション」の中で、付与対象者や行使期間、上限金額などの一定の基準を満たしたもの

従業員や役員に付与された「ストックオプション」は原則「給与所得」として扱われるため、「ストックオプション」を利用して得た利益は課税されますが、「無償税制適格ストックオプション」は、権利行使時の給与課税が免除される税制優遇措置が受けられます。

無償税制適格
ストックオプションの
特徴について詳しく見る

3.株式報酬型
ストックオプション

「税制非適格ストックオプション」の一種で、「1円ストックオプション」とも呼ばれる制度です。

権利行使価格を「1円」に設定して従業員に「ストックオプション」を無償で付与します。従業員が権利を行使すると、その時点の株価とほぼ同等のキャピタルゲインが得られる仕組みで、退職金の代わりに使われることが増えているタイプです。

課税率が最大約55%の「無償税制非適格ストックオプション」とは異なり、課税が最大約25%の退職金課税で済むため、権利行使時の従業員の金銭的負担が少ないことが特徴です

株式報酬型
ストックオプションの
特徴について詳しく見る

有償ストックオプション

4.有償ストック
オプション

会社が発行した「ストックオプション」を、従業員が発行価格で購入する権利が付与さるのが「有償ストックオプション」です

「有償ストックオプション」は最大20%の譲渡時の課税のみで、「無償税制非適格ストックオプション」の最大約55%の給与所得課税よりも税率が低くなります。

有償ストックオプションの
特徴について詳しく見る

5.信託型ストック
オプション

ポイントを活用した「有償ストックオプション」の一種。発行した「ストックオプション」を全員分まとめて信託に預けて保管します

保管期間中に「ストックオプション」と交換できる「ポイント」を従業員に付与し、ポイントに応じて「ストックオプション」を割り当てる仕組みで、何度も「ストックオプション」を発行する必要がなく、コストが削減できるメリットがあります。

信託型ストック
オプションの
特徴について詳しく見る

THREE SELECTIONS

ストックオプション(SO)の設計・評価機関3選

ストックオプションの導入目的や企業の状況別に、実績が豊富で信頼性が高い評価機関を選出しています。導入を検討している担当者の方は、ぜひ参考にしてください。
※選定基準:「ストックオプション 評価」で検索上位25社のうち、各ストックオプション導入における、実績が最も豊富な評価機関を選定。

企業価値向上
を目指す
中小企業向け
実績豊富な設計・評価で
現職社員のモチベーションを
向上したい

評価機関を見る

退職金慰労制度
を廃止したい
大手企業向け
豊富な知識を有する設計で
退職する功労者へ
還元したい

評価機関を見る

専門職の人材獲得
に悩む
スタートアップ
企業向け
対外的に魅力的な設計で
これから採用する人材に
PRしたい

評価機関を見る