今西・井上国際会計事務所

今西・井上国際会計事務所のHPキャプチャ画像
引用元:今西・井上国際会計事務所公式HP
(http://www.imanishi-inoue.jp/)

効率的な監査サービスを提供するため、毅然としたポリシーを有している今西・井上国際会計事務所。ここでは、同社の特徴について詳しく紹介しています。

今西・井上国際会計
事務所の特徴

中小企業の依頼のみを受けている公認会計事務所

千代田区にオフィスを構える今西・井上国際会計事務所は、会社法監査、学校法人監査、株価算定、企業価値評価などを専門に行っている公認会計事務所です。

同事務所の特徴として、上場企業や、海外に事業展開をしている大企業の監査業務を受けていないことが挙げられます。その理由は、上場企業や大企業は監査法人による監査を受けるべきで、厳格な監査が必要であると考えているからです。よって今西・井上国際会計事務所の監査業務は、規模がそれほど大きくない国内法人や公益法人が対象となります

代表者が公認会計士として積み重ねてきた経験があるからこそ、スタッフ数名で対応できる規模のお客様に限定しているようです。

経験から導き出した
毅然としたポリシー

今西・井上国際会計事務所には、公認会計士である代表者が経験を経て導き出した、お客様に効率的な監査サービスを提供するためのポリシーがあります。

同事務所のポリシーとは、

  • 厳格な手続きが必要ない中小法人の監査業務は、迅速に対応するため個人レベルで行うべきである
  • 監査人に対して、お客様は継続的な関与、責任の明確化を求めている。そのため、監査証明書への署名は個人で行うべきである
  • 業務量が増え、個人で対応不可能になった場合は、経験を積んだ公認会計士に業務を依頼するという形式が最も望ましいものである

というもの。

個人での対応が通常ですが、逆に人員が必要になった場合、迅速で効率的な対応ができなくなってしまう可能性が高いため、上記のポリシーを掲げています。

個人で対応すべきといった考え方は、今西・井上国際会計事務所ならではと言えるでしょう。

ストックオプションの
公正価値算定にも対応

ストックオプションの価値評価は仕組みが複雑なこともあり、一般企業にとって非常に悩ましい課題。解決するためには、専門の評価機関への依頼が有効な手段と言えます。

今西・井上国際会計事務所では様々な監査業務が主となっていますが、価値評価業務にも力を入れています。ストックオプションの価値評価ももちろん行っており、ブラックショールズモデルや二項モデルなどを活用して算定しています。価値評価業務において経験を積んできた、金融工学の知識を有する公認会計士が行うので、信頼して依頼できますね。

今西・井上国際会計事務所は、ストックオプションの他にも、株式評価や企業評価、事業評価といった幅広い評価業務も実施しています。

このサイトでは、ほかにも特集として導入目的別に信頼できる実力と実績を持つストックオプション設計・評価機関を紹介しています。魅力的なインセンティブプランとして注目されるストックオプションですが、近年は特に取引所、監査法人への説明責任が増し、安易な手法による評価での発行は難しい現状があります。ぜひ参考にしてください。

【導入目的別】
信頼性が高い
ストックオプション
設計・評価機関3選を見る

今西・井上国際会計事務所の実績

公式サイトに記載なし

会社情報

会社名今西・井上 国際会計事務所
住所東京都千代田区神田錦町3-6 山城第三ビル6F
電話番号03-5843-9363
URL http://www.imanishi-inoue.jp/

ストックオプションの評価
ポイントを詳しく見る

THREE SELECTIONS

ストックオプション(SO)の設計・評価機関3選

ストックオプションの導入目的や企業の状況別に、実績が豊富で信頼性が高い評価機関を選出しています。導入を検討している担当者の方は、ぜひ参考にしてください。
※選定基準:「ストックオプション 評価」で検索上位25社のうち、各ストックオプション導入における、実績が最も豊富な評価機関を選定。

企業価値向上
を目指す
中小企業向け
実績豊富な設計・評価で
現職社員のモチベーションを
向上したい

評価機関を見る

退職金慰労制度
を廃止したい
大手企業向け
豊富な知識を有する設計で
退職する功労者へ
還元したい

評価機関を見る

専門職の人材獲得
に悩む
スタートアップ
企業向け
対外的に魅力的な設計で
これから採用する人材に
PRしたい

評価機関を見る