ストックオプション評価の手引き » ストックオプションなんでもQ&A » ストックオプションの発行費用はどれくらいかかる?

ストックオプションの発行費用はどれくらいかかる?

ストックオプションの発行には費用がかかります。どの程度かかるか、ストックオプションを発行する側の方は知っておきたい基礎知識です。また、発行には手続きをしなければなりません。ストックオプションの発行費用や手続きについて解説します。

どのタイミングで費用が発生するのか

ストックオプションを発行するには手続きが必要です。発行する数や誰に付与するのか、株主総会や取締役会で発行するか取り決めて登記申請を行います。発行費用がかかるタイミングはストックオプションの組成や登記申請、関連する印紙税を購入する場面です。手続きを弁護士のようなプロに任せるならその時点でも費用はかかります。弁護士報酬の目安は15万円~20万円です。

発行数や発行対象者の決定

ストックオプションの発行数や誰に付与するか決定します。ストックオプションの発行には専門家に相談するのが一般的です。発行数や発行対象者を決める前に、税制適格、無償、有償型なのかなど細かな判断が求められます。専門家に相談したほうが適切に発行できるのです。ただし専門家への相談は費用がかかります。

株主総会や取締役会での発行決議

ストックオプションの発行は社長や会長が「発行する」といってもできません。株主総会や取締役会で認められないと発行できないのです。株主総会を開催するなら議事録も必要ですし費用もかかります。ストックオプションの組成は、登記手続きと合わせると数十万円かかる場合もあるのです。信託型のようなタイプを選択すると数百万円かかる場合もあります。

発行したストックオプションの登記申請

ストックオプションは発行して終わりではありません。登記申請が必要で、決議後の2週間以内と縛りがあるのです。登記申請でかかる費用は「登記申請書類作成」「登記で必要な登録免許税」です。登記申請書類の作成では、申請書類の作成以外に添付書類の準備と押印が求められます。登録免許税では、収入印紙を必要分購入するための費用がかかるのです。

登記申請書を自分で作成することに問題はなく費用も抑えられます。ただし手間もかかり本業を圧迫するリスクは無視できないため、専門家に相談したほうがいいでしょう。

ストックオプションでかかる費用をまとめると、まず、ストックオプションの発行で9万円かかります。ストックオプションの行使は、行使で増加する資本金の金額に1000分の7を乗じた額です。3万円以下なら3万円で抑えられます。ストックオプションを償却するときは3万円です。

ストックオプションの評価
ポイントを詳しく見る

THREE SELECTIONS

ストックオプション(SO)の設計・評価機関3選

ストックオプションの導入目的や企業の状況別に、実績が豊富で信頼性が高い評価機関を選出しています。導入を検討している担当者の方は、ぜひ参考にしてください。
※選定基準:「ストックオプション 評価」で検索上位25社のうち、各ストックオプション導入における、実績が最も豊富な評価機関を選定。

企業価値向上
を目指す
中小企業向け
実績豊富な設計・評価で
現職社員のモチベーションを
向上したい

評価機関を見る

退職金慰労制度
を廃止したい
大手企業向け
豊富な知識を有する設計で
退職する功労者へ
還元したい

評価機関を見る

専門職の人材獲得
に悩む
スタートアップ
企業向け
対外的に魅力的な設計で
これから採用する人材に
PRしたい

評価機関を見る