【ケース3】ベンチャー企業

ベンチャー企業の
ストックオプション
制度導入事例

ベンチャー企業が「ストックオプション」を導入する理由は、上場企業や未上場企業とは異なります。ここでは具体的な事例を3つあげて解説します。

導入事例1 優秀な人材を獲得するために
ストックオプションを
導入したい

ニーズ

業績が好調なので、新たに人材を獲得したい。そのため、求職者にとって魅力的な「ストックオプション」制度を導入したい

ストックオプションの選択

従業員に負担がかからない無償型の「ストックオプション」を選択。税制優遇のある「税制適格ストックオプション」として、「ストックオプション」制度を導入していることを求人サイトの募集要項に記載した。

導入の効果

「ストックオプション」制度の存在を知った優秀な人材が入社してきた。業績が好調で株価が上がり、さらに優秀な人材を獲得できた。

導入事例2 従業員に有利な資産形成をさせたいので、
ストックオプション制度を導入したい

ニーズ

まだ創業して間もない企業。業績は好調だが少数のスタッフで切り盛りしている。将来の株式上場を視野に入れた「ストックオプション」を発行してスタッフに付与し、有利な資産形成ができるようにしたい

ストックオプションの選択

スタッフの費用の負担が少なくなるように「無償税制適格ストックオプション」を選択。「ストックオプション」の株式は発行数に限度があるが、スタッフの数が少ないと、一人当たりが取得できる株式の数は増える。

導入の効果

業績が上がって東証マザーズに上場。株価が上がって、スタッフが保有している「ストックオプション」の含み益が数億となり、スタッフのモチベーションアップに貢献した

導入事例3 貢献度の高い従業員にストックオプションを付与したい

ニーズ

従業員の入社と退職が頻繁なIT企業。インセンティブに「ストックオプション」を導入したいが、長期に在籍している貢献度の高い人材に、「ストックオプション」を付与したい

ストックオプションの選択

「ストックオプション」を一括発行して信託会社に預け、社員の貢献度に応じて「ストックオプション」と交換可能なポイントを発行する「信託型ストックオプション」を選択した。

導入の効果

ポイントが付与されることで、従業員のモチベーションが上がり、定着率も上昇した

ベンチャー企業の
ストックオプション
導入の特徴

ベンチャー企業では、社員のモチベーションアップのために、全社員に「ストックオプション」を付与するケースが多いです。また、IT業界やサービス業界では、「ストックオプションの有無」を就職や転職の条件にする若い世代も増えています

人材の流動性が高いベンチャー企業は、社員にとって魅力的な「ストックオプション」制度の導入を検討してみてはいかがでしょうか。

当サイトでは、ニーズ別に主なストックオプションの設計・評価機関を紹介しています。ぜひ参考にしてください。

THREE SELECTIONS

ストックオプション(SO)の設計・評価機関3選

ストックオプションの導入目的や企業の状況別に、実績が豊富で信頼性が高い評価機関を選出しています。導入を検討している担当者の方は、ぜひ参考にしてください。
※選定基準:「ストックオプション 評価」で検索上位25社のうち、各ストックオプション導入における、実績が最も豊富な評価機関を選定。

企業価値向上
を目指す
中小企業向け
実績豊富な設計・評価で
現職社員のモチベーションを
向上したい

評価機関を見る

退職金慰労制度
を廃止したい
大手企業向け
豊富な知識を有する設計で
退職する功労者へ
還元したい

評価機関を見る

専門職の人材獲得
に悩む
スタートアップ
企業向け
対外的に魅力的な設計で
これから採用する人材に
PRしたい

評価機関を見る