ストックオプション評価の手引き » ストックオプションなんでもQ&A » ストックオプション導入企業へ転職するポイント

ストックオプション導入企業へ転職するポイント

ストックオプションを導入している企業で働きたい人に向けて、本記事ではストックオプション導入企業に転職するポイントについてまとめています。

企業がストックオプションを導入する目的

企業がストックオプションを導入する目的として、企業が従業員に多額の報酬を支払わなくても、従業員が自ら自社の価値を高めることで、高いリターンを受けることができるため、双方に利益をもたらすという点が挙げられます。そのほか、従業員はどうしても「給料をもらう」という意識が強く、自社を盛り上げていこうという意欲に欠けやすい傾向があります。

しかしストックオプションを導入することで、「雇われている」という意識を変えることができ、経営者的な目線で自社を活性化させようという意識が芽生えます。

そのほか、ストックオプションによって自社を高めることにやりがいと感じるような、優秀な人材を確保することにつながるほか、自社株を所有することで、転職など人材離れを防ぐことにつながります。このように、企業がストックオプションを導入するにはさまざまな目的があるのです。

ストックオプション導入企業に転職するメリット・デメリット

仕事へのモチベーションを維持できる

自分が仕事を頑張って自社の株価を上げることで、自分にその結果が返ってくるためモチベーションを維持しやすいです。また経営者視点で会社や仕事について考えるようになるので、仕事へのやりがいが大きくなります。

少ないリスクで大きなリターンを得られる可能性が高い

通常株式を購入すると、株価が下がったら損失が出てしまいます。けれどストックオプションは、株式を購入することではなく、「購入する権利」が与えられているので、株価が上がったときにだけ購入することができる点がメリットです。株価が下がっているときは購入を留めることもできるので、リスクを受けにくく、大きなリターンを得られる可能性があります。

実際に手にする給料が低くなる可能性がある

企業側が、「ストックオプションを導入しているから」と、年収自体を低く設定する可能性があります。将来的に大きなリターンが得られるかもしれないけれど、今の年収が低くなってしまうのは、デメリットだといえるでしょう。

必ずハイリターンになるとは限らない

ストックオプション利用して、自社の株価を上げるために一所懸命働いても、100%株価が上がるとは限りません。ハイリターンを得られない可能性がある点も、デメリットのひとつです。

ストックオプション導入企業への転職で確認したいポイント

年収に影響するか

ストックオプションを導入しているとしても、入社して実際に支払われる給料が低いのは、メリットがあるとはいえません。最低限ほしい年収を明確にしたうえで、ストックオプションが年収に影響するのかを確認することは重要です。

ストックオプションがなくてもその企業で働きたいと思えるか

先に挙げたように、ストックオプションは必ずしも望むリターンを得られるとは限りません。もしリターンを得られなくても自社で働くことに誇りをもてるか、ストックオプションを導入していなくても働きたいと思える企業であるか。企業自体の魅力を十分に調査したうえで転職に臨みましょう。

ストックオプションの評価
ポイントを詳しく見る

THREE SELECTIONS

ストックオプション(SO)の設計・評価機関3選

ストックオプションの導入目的や企業の状況別に、実績が豊富で信頼性が高い評価機関を選出しています。導入を検討している担当者の方は、ぜひ参考にしてください。
※選定基準:「ストックオプション 評価」で検索上位25社のうち、各ストックオプション導入における、実績が最も豊富な評価機関を選定。

企業価値向上
を目指す
中小企業向け
実績豊富な設計・評価で
現職社員のモチベーションを
向上したい

評価機関を見る

退職金慰労制度
を廃止したい
大手企業向け
豊富な知識を有する設計で
退職する功労者へ
還元したい

評価機関を見る

専門職の人材獲得
に悩む
スタートアップ
企業向け
対外的に魅力的な設計で
これから採用する人材に
PRしたい

評価機関を見る