ストックオプション評価の手引き » ストックオプションなんでもQ&A » ストックオプションが向いている企業の特徴

ストックオプションが向いている企業の特徴

ストックオプションが向いている企業には、特徴があります。導入を検討している場合は、実際に導入することでどんな変化があるのか、どんなメリットがあるのかなどチェックしておきましょう。ここではストックオプションが向いている企業の特徴と導入企業の事例、導入の際のポイントなどを紹介します。

ストックオプションが向いている企業の特徴は?

有望視される事業を展開している中小企業

将来を有望視される事業を展開している中小企業は、これから事業が軌道にのっていけば株価も大幅な上昇が見込めるでしょう。

ベンチャー企業

ベンチャー企業も、今までのビジネスモデルをより拡大させていくために努力を重ねており、売り上げの増加が見込まれます。

スタートアップ企業

スタートアップ企業は、ベンチャー企業とは少し異なり、今までにないイノベーションを起こして新しいビジネスモデルを手探りで構築している段階です。

これからの世の中に必要な取り組みを行っている企業も多く、軌道にのれば売り上げアップが期待できるでしょう。

ストックオプション導入企業事例

コインスペース株式会社は、会員登録せずに時間料金制で利用できるワーキングスペース「coin space」を開発・運営している企業です。関東4都県と大阪府を中心に事業を展開し、新たな空間創造を通じて生活者の価値向上への貢献を目指してきました。

入社時期に関係なく従業員に公平にインセンティブを付与するという目的を叶えるため、信託型ストックオプションを導入。

その結果、会社に貢献してくれており、かつ一緒に働き続けてほしいと考える人が前向きに仕事をするためのインセンティブ制度や、中長期的な採用力の強化などの効果が期待できるようになりました。

ストックオプションを
導入する際のポイント

導入前の説明

ストックオプションを導入する際のポイントは、その仕組みや運用ルール、効果について従業員の理解を得ることです。従業員が認識違いを起こしたままだと、金銭が絡むことなので後々大きなトラブルになる可能性があります。

導入の時期

また企業の利益につながる方法でストックオプションの運用ができれば、安定した運用が叶えられるでしょう。そして、何より大事なのは株式の価格が安い段階で取り入れることです。導入のための資金調達や手間を抑えられます。

発行する量

さらにストックオプションを発行しすぎてしまうことも、注意点として知っておいてください。基本的にストックオプションは、株式全体の10%程度までが適しているとされています。株式全体に対するストックオプションの比率が大きくなりすぎてしまうと、上場審査に通りにくくなる、株式の価値が落ちてしまう、というデメリットがあります。

ストックオプションを大量に発行して、一気に権利を行使されてしまったら、そのたびに新しい株式を発行しなくてはなりません。1株当たりで受け取れる利益が急激にさがり、株式の希薄化が起こってしまうでしょう。そうなれば既存の株主たちがリスクを避けようと考え、株式を手放そうと動き出します。

結果的に、株価の急激な下落を招くのです。ストックオプション制度導入の際は、きちんとコントロールしておきましょう。

THREE SELECTIONS

ストックオプション(SO)の設計・評価機関3選

ストックオプションの導入目的や企業の状況別に、実績が豊富で信頼性が高い評価機関を選出しています。導入を検討している担当者の方は、ぜひ参考にしてください。
※選定基準:「ストックオプション 評価」で検索上位25社のうち、各ストックオプション導入における、実績が最も豊富な評価機関を選定。

企業価値向上
を目指す
中小企業向け
実績豊富な設計・評価で
現職社員のモチベーションを
向上したい

評価機関を見る

退職金慰労制度
を廃止したい
大手企業向け
豊富な知識を有する設計で
退職する功労者へ
還元したい

評価機関を見る

専門職の人材獲得
に悩む
スタートアップ
企業向け
対外的に魅力的な設計で
これから採用する人材に
PRしたい

評価機関を見る