M&Aしたらどうなるの?

M&Aのメリットとは

「M&A(Merger And Acquisition:企業の合併と買収)」は増え続けています。

譲渡企業にとってのメリットは「後継者問題の解決」「経営基盤の強化」「事業領域の拡大」、譲渡先の企業にとってのメリットは「必要な経営資源を最少の時間とコストで手に入れることができること」です。

M&Aとストック
オプション

M&Aが行われる時、ストックオプションの取り扱いが問題となるのは次の2つのケースです。

  1. 株式譲渡、株式交換、株式移転により譲渡企業が完全子会社化する場合
  2. 合併によって譲渡企業が消滅する場合

譲渡企業でのストック
オプションの取り扱い

1.譲渡企業が完全子会社化する場合

譲渡企業が完全子会社化する時、譲渡企業には「譲受企業(買収する側の企業)にストックオプションを売却する」と「ストックオプションを消滅させる」の2種類の選択肢があります。

M&Aのような組織再編時は、譲渡企業と譲受企業が話し合って、譲受企業がしかるべき価格で、譲渡企業が保有していた「ストックオプション」を買い取るのが一般的です

譲渡企業の「ストックオプション」が消滅する場合、「ストックオプション」の権利を保有している従業員は、保有する「ストックオプション」を譲受企業に買い取ってもらう「新株予約権買取請求権」の行使が可能です。

2.合併で譲渡企業が消滅する場合

合併で譲渡企業が100%子会社化すると、株式は全て譲受企業に移ります。譲渡企業の持っていた「ストックオプション」は消滅しますが、新株予約権を持つ従業員には新株予約権買取請求権があります

譲受企業でのストック
オプションの取り扱い

1.譲渡企業を完全子会社化する場合

譲受企業が譲渡企業を完全子会社化する場合、「ストックオプション」の処理は、「譲渡企業のストックオプションを買い取る」と「譲渡企業のストックオプションを消滅させ、別のインセンティブを付与する」の2種類があります

2.合併で譲渡企業が消滅する場合

譲渡企業が消滅する場合には、譲渡企業の「ストックオプション」も消滅します。譲受企業には「譲渡企業のストックオプションを保有している人に金銭的補償を行う」「譲受企業のストックオプションを与える」の選択肢があります

ストックオプションの評価
ポイントを詳しく見る

関係者に丁寧な説明が
必要

譲渡企業の「ストックオプション」が、M&Aでどう変化するかを見てきましたが、いずれのケースでも、譲渡企業と譲受企業の両方が、「ストックオプション」の扱いについて関係者にしっかり説明する必要があります。

当サイトでは、ニーズ別に主なストックオプションの設計・評価機関を紹介しています。ぜひ参考にしてください。

THREE SELECTIONS

ストックオプション(SO)の設計・評価機関3選

ストックオプションの導入目的や企業の状況別に、実績が豊富で信頼性が高い評価機関を選出しています。導入を検討している担当者の方は、ぜひ参考にしてください。
※選定基準:「ストックオプション 評価」で検索上位25社のうち、各ストックオプション導入における、実績が最も豊富な評価機関を選定。

企業価値向上
を目指す
中小企業向け
実績豊富な設計・評価で
現職社員のモチベーションを
向上したい

評価機関を見る

退職金慰労制度
を廃止したい
大手企業向け
豊富な知識を有する設計で
退職する功労者へ
還元したい

評価機関を見る

専門職の人材獲得
に悩む
スタートアップ
企業向け
対外的に魅力的な設計で
これから採用する人材に
PRしたい

評価機関を見る