マクサス・コーポレートアドバイザリー

マクサス・コーポレートアドバイザリーのHPキャプチャ画像
引用元:マクサス・コーポレートアドバイザリー公式HP
(https://maxus.co.jp/)

マクサス・コーポレートアドバイザリーは、中規模のM&A案件を総合的にサポートするために誕生したアドバイザリー会社です。M&Aアドバイザーとして、中規模の案件でもレベルの高い技能とサービスを提供したいという思いで業務に取り組んでいます。

ここではマクサス・コーポレートアドバイザリーの特徴や実績を紹介します。

マクサス・コーポレートアドバイザリーの特徴

独立した第三者の立場で対応

M&A、各種組織再編や資金調達の場面では、CB(転換社債型新株予約権付社債)、優先株式等の種類株式、新株予約権などが活用されることはとても多いです。

また、経営陣および従業員などへのインセンティブプランとしてストックオプションも広く利用されているのが現状です。

このような性質を持っており、複雑な金融商品については商品設計をサポート。金融工学に基づく手法による評価を提供することが、マクサス・コーポレートアドバイザリーの役目でもあり、特徴です。

経験豊富な専門家がレベルの高い技能とサービスでサポート

マクサス・コーポレートアドバイザリーの強みは、経験豊富な専門家が「中規模」のM&A案件を中心としてサポートしているという点です。M&Aアドバイザリー業務において、経験豊富な専門家は大手証券会社・大規模案件を担当することがほとんどです。そのため、中規模案件では十分なサポートが行われていない、受けられていないことが考えられます。

マクサス・コーポレートアドバイザリーは、M&Aアドバイザーとしてレベルの高い技能とサービスを、中規模の案件で提供していきたい、という思いで誕生しました。

経験豊富な実績を持つ専門家が、その経験を大規模案件だけでなく中規模案件にも伝え、日本企業の成長や発展、そしてM&Aの成功に導いていきます。

【導入目的別】
信頼性が高い
ストックオプション
設計・評価機関3選を見る

マクサス・コーポレートアドバイザリーの実績

ストックオプションに関する実績ではありませんが、マクサス・コーポレートアドバイザリーが行った案件の実績を紹介します。

・野村スパークス・インベストメント㈱が資産運用を行う日本グロースキャピタル投資法人による、Chordia Therapeutics ㈱(がん領域の研究開発型ベンチャー)の第三者割当増資の引受け

・リニューアブル・ジャパン㈱(再生可能エネルギー事業)傘下のSPCによる、日本再生可能エネルギーインフラ投資法人(上場インフラファンド)への公開買付け AI inside㈱による、㈱aiforce solutions(AI関連ソフトウェア開発)の完全子会社化及び吸収合併

・SBIホールディングス㈱による、㈱チェンジ(地方自治体・企業のDX支援、子会社を通じたふるさと納税ポータルサイト運営等)への資本参加

・㈱ワールドホールディングス(人材派遣等)によるJ . フロント リテイリング㈱子会社の㈱ディンプル(人材派遣等)の買収

※2022年5月27日現在

※引用元:マクサス・コーポレートアドバイザリー公式HP(https://maxus.co.jp/results/performance_list-2/)

マクサス・コーポレートアドバイザリーの会社情報

会社名 マクサス・コーポレートアドバイザリー株式会社
住所 東京都中央区京橋2-5-18 京橋創生館11階 
電話番号 03-5524-5580
URL https://maxus.co.jp/

ストックオプションの評価
ポイントを詳しく見る

THREE SELECTIONS

ストックオプション(SO)の設計・評価機関3選

ストックオプションの導入目的や企業の状況別に、実績が豊富で信頼性が高い評価機関を選出しています。導入を検討している担当者の方は、ぜひ参考にしてください。
※選定基準:「ストックオプション 評価」で検索上位25社のうち、各ストックオプション導入における、実績が最も豊富な評価機関を選定。

企業価値向上
を目指す
中小企業向け
実績豊富な設計・評価で
現職社員のモチベーションを
向上したい

評価機関を見る

退職金慰労制度
を廃止したい
大手企業向け
豊富な知識を有する設計で
退職する功労者へ
還元したい

評価機関を見る

専門職の人材獲得
に悩む
スタートアップ
企業向け
対外的に魅力的な設計で
これから採用する人材に
PRしたい

評価機関を見る