ストックオプション評価の手引き » 【ステージ別】ストックオプションの導入・評価事例

【ステージ別】
ストックオプションの
導入・評価事例

企業の発展は、創業したての「ベンチャー企業」、順調に業績を上げてIPO(新規株式公開)をめざす「未上場企業」、株式を公開した「上場企業」の3段階に分かれています。それぞれのステージの企業が、まったく違う動機で「ストックオプション」を導入しています。

ここでは、「ストックオプション」を導入する企業を、「上場企業」「未上場企業」「ベンチャー企業」の3つに分類し、ステージ別に異なる「ストックオプション」活用の特徴を見ていきます。

【ケース1】上場企業

ここでは上場企業の「ストックオプション」導入事例を「役員賞与の代用」「役員の退職金の代用」「従業員のモチベーション向上」の3つの視点から解説しています。

上場企業は、すでに株式市場で自社株が公開しています。その上で「ストックオプション」を導入するには既存の株式が持つ株価に配慮した設計をしなければなりません。株価下落のリスクもあります。

その難しさを超えて、あえて上場企業が「ストックオプション」を導入する事情を、3つの具体的な事例を通してみていきましょう。

上場企業の
ストックオプション
導入事例について
詳しく見る

【ケース2】未上場企業

IPOをめざす未上場企業の「ストックオプション」の活用事情は、上場企業やベンチャー企業とは異なります。

すでに投資家に向けて発行している「優先株」とのバランスをとった内容の「ストックオプション」を発行する例や、従業員の税負担の少ない「ストックオプション」を導入する例があります。

事業承継のため承継者に有利になるような「ストックオプション」を設計する例など、「人を繋ぎとめる」目的で、独自の工夫をこらした「ストックオプション」を発行するケースが多いです

ここでは3つの具体的な事例を取り上げ、未上場企業が抱える独特の問題と、その対応策をご紹介しています。

未上場企業の
ストックオプション
導入事例について
詳しく見る

【ケース3】ベンチャー企業

創業して間もないベンチャー企業は従業員の離職率が高く、従業員に高額な給料を支払えるほどの資金力もありません。

そこで、「優秀な人材を集める」「従業員のモチベーションを高めて離職を防ぐ」「従業員の積極的な資産形成を推進する」などの目的で、魅力的な仕組みを持つ「ストックオプション」を導入し、社員に付与する企業が増えています

ここでは、3つの具体的な「ストックオプション」導入事例をあげて、上場企業とは異なる、ベンチャー企業ならではの「ストックオプション」の導入事情をご紹介します。

ベンチャー企業の
ストックオプション
導入事例について
詳しく見る

THREE SELECTIONS

ストックオプション(SO)の設計・評価機関3選

ストックオプションの導入目的や企業の状況別に、実績が豊富で信頼性が高い評価機関を選出しています。導入を検討している担当者の方は、ぜひ参考にしてください。
※選定基準:「ストックオプション 評価」で検索上位25社のうち、各ストックオプション導入における、実績が最も豊富な評価機関を選定。

企業価値向上
を目指す
中小企業向け
実績豊富な設計・評価で
現職社員のモチベーションを
向上したい

評価機関を見る

退職金慰労制度
を廃止したい
大手企業向け
豊富な知識を有する設計で
退職する功労者へ
還元したい

評価機関を見る

専門職の人材獲得
に悩む
スタートアップ
企業向け
対外的に魅力的な設計で
これから採用する人材に
PRしたい

評価機関を見る