ストックオプション評価の手引き » ストックオプションなんでもQ&A » ストックアプリシエーションライトとストックオプションの違い

ストックアプリシエーションライトとストックオプションの違い

このページでは、ストックアプリシエーションライトとストックオプションの違いについて説明します。ストックアプリシエーションライトのメリット・デメリットについても詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてください。

ストックアプリシエーションライトとは

ストックアプリシエーションライトは、株価連動型報酬の一種です。報酬支給額の算定に株価を利用し、経営者に対して中長期的な企業価値の創造活動を促します。あらかじめ株価が設定されており、役員が利権を行使した際に、そのタイミングでの株価と設定された株価との差額を、現金または株式で受け取ることができます。

一定期間内に自社の株価が設定を上回った場合、差額分を受け取ることができます。下がった場合には報酬を受け取ることはできませんが、減額されることもありません。

ストックオプションとの違いは

ストックオプションとは、株式会社の取締役や従業員が自社株を取得できる権利です。株価はあらかじめ設定されており、その価格で取得できます。株価が上昇しても元々設定されていた金額で購入でき、売却することで利益を得ることができます。

一方で、ストックアプリシエーションライトは、権利を行使した際に、その時の株価と設定された株価との差額を得られる制度です。ストックオプションと異なる点は、利益を得るために株式を購入する必要がないという点でしょう。

ストックアプリシエーションライトのメリット

個人に合わせることが可能

ストックアプリシエーションライトは、さまざまな方法で計画ができます。ストックアプリシエーションライトの支払い方法など、個人に合わせて設定することが可能です。

株式の価値が下がらない

ストックアプリシエーションライトで付与する際、企業が現金で付与すれば、一株当たりの価値が下がることはありません。価値が変わらないため、既存の株主への不利益も防ぐことができます。

損失が発生しない

ストックアプリシエーションライトは、株価が低下した場合、権利付与者が報酬を得ることができません。その分、資産が減ることがないため、損失が発生しないというメリットがあります。

インセンティブが働きやすい

株価の上昇で差額を報酬として受け取れるストックアプリシエーションライトの場合、従業員は企業の業績向上に向けて、労働意欲を高めることができます。インセンティブが働きやすいという点で、社員のモチベーションを高める効果も期待できるでしょう。

ストックアプリシエーションライトのデメリット

企業側の負担が大きい

ストックアプリシエーションライトの場合、企業側への負担が大きくなります。株式の変動の差分を現金で支給することが多いため、企業側は多額の現金を用意しなければなりません。株式は日々変動するため、現金負担の予測がしづらいでしょう。見積もりは余裕をもって立てる必要があります。

取り扱いが複雑

ストックアプリシエーションライトを導入している企業は、まだまだ多くありません。会計・税務上の取り扱いも確立しておらず、取り扱いが複雑です。

THREE SELECTIONS

ストックオプション(SO)の設計・評価機関3選

ストックオプションの導入目的や企業の状況別に、実績が豊富で信頼性が高い評価機関を選出しています。導入を検討している担当者の方は、ぜひ参考にしてください。
※選定基準:「ストックオプション 評価」で検索上位25社のうち、各ストックオプション導入における、実績が最も豊富な評価機関を選定。

企業価値向上
を目指す
中小企業向け
実績豊富な設計・評価で
現職社員のモチベーションを
向上したい

評価機関を見る

退職金慰労制度
を廃止したい
大手企業向け
豊富な知識を有する設計で
退職する功労者へ
還元したい

評価機関を見る

専門職の人材獲得
に悩む
スタートアップ
企業向け
対外的に魅力的な設計で
これから採用する人材に
PRしたい

評価機関を見る